最先端の肝斑治療で美しい肌を取り戻しましょう

HOME » 東京エリアの肝斑治療おすすめクリニック一覧 » 赤坂メディカルMクリニック

赤坂メディカルMクリニック

レーザー治療やイオン導入など、赤坂メディカルMクリニックで行っている肝斑治療の種類と特徴をご紹介。施術にかかる時間や期間の目安、気になる利用者からの口コミ評判も集めました。

専門の肝斑外来を持つ赤坂メディカルMクリニックの治療法

赤坂メディカルMクリニックは、最新の美容医療技術を持って1人1人の悩みに貢献。形成外科・皮膚科医療経験を持つベテラン医師による、ハイレベルな医療を提供しています。肝斑治療では、専門の肝斑外来を設けているのが特徴。最新レーザー機器による治療にも力を入れています。

■QスイッチYAGレーザー・スペクトラVRMⅢによる治療
QスイッチYAGレーザー・スペクトラVRMⅢは、ルートロニック社が製造している世界最高水準のレーザー機器。他メーカーのQスイッチYAGレーザーとは違い、肝斑治療専用の設定がついているのが特徴です。肝斑治療専用の設定で行うレーザートーニングは、ごく弱いレーザー照射によるメラニン色素の破壊・排泄。肌に炎症や負担をかけず、ダウンタイムもまったくありません。また、メラニン色素が原因の症状全般を治療できるので、シミ・そばかす・くすみ・色素沈着にも高い効果を発揮します。治療回数は症状により異なりますが、6~12回が目安。1~2週間隔での施術を推奨しています。

■イオン導入・内服薬
肝斑治療のオプションとして、イオン導入・内服薬を提供。イオン導入では、酵母由来アミノ酸・グリシルグリシン・トランサミンといった成分を、皮膚に微量な電流を流して皮膚深部まで浸透させていきます。レーザートーニングと組み合わせることで、より治療効果が高まるそうです。施術時間は約20分、電流による痛みなどは感じません。内服薬の処方もありますが、種類や成分など詳しい情報は要問い合わせ。

肝斑治療にかかる料金

■レーザートーニング
・1回:18,900円
・初回:12,600円
■イオン導入
・全顔:10,500円(1回)
■内服薬
・8,400円(1ヵ月分)

利用者からの口コミ情報をチェック!

  • 少し前からシミ治療に通い、肝斑部分にはレーザートーニングも試しています。シミの種類や症状に合わせて方法を変えてくれるので、効果が早いような気がします。気になるシミや肝斑も増えていませんし、何より肌が明るくなりました。

クリニック情報

クリニック名 赤坂メディカルMクリニック
所在地 東京都港区赤坂3-15-9 ACRビル2F
アクセス 千代田線「赤坂駅」徒歩2分
診療時間 12:00~20:00(平日)、10:00~18:00(火・土・祝日)
休診日 水曜・日曜
URL http://akasaka-mclinic.jp/kanpan/
 
ページの先頭へ
手ごわい肝斑にはこの治療!東京のクリニックガイド