最先端の肝斑治療で美しい肌を取り戻しましょう

HOME » これって本当?肝斑治療のギモンに答えます » レーザー治療がNGって本当?

レーザー治療がNGって本当?

肝斑の治療にレーザーは禁忌とされてきましたが、新しい治療法である「レーザートーニング」であれば肝斑を安全に治療できることを解説。レーザートーニングの仕組みや、治療のメリットについてもチェックして。

最新治療・レーザートーニング肝斑治療も可能

従来のシミ治療用レーザーを肝斑治療に使用すると症状が悪化してしまうことから、肝斑へのレーザー治療は禁忌とされてきました。シミ治療用のレーザーは中心部の熱エネルギーが高く、端にいくほど弱くなるという特徴があるため、肝斑治療に適した波長をまんべんなく照射するのが難しかったのです。

しかし、近年では肝斑にも安全に使用できるレーザー機器が開発され、治療法は一気に進歩しました。主な機器には、ルートロニック社のQスイッチYAGレーザー「スペクトラ」や、ジェイメックのQスイッチYAGレーザー「MedLite(メドライト)C6」などがあります。これらの機器を使用して行う肝斑治療をレーザートーニングと言い、手ごわい肝斑を短期間で治すことが可能となりました。

レーザートーニングの仕組みと効果

レーザートーニングとは、QスイッチYAGレーザーで低出力のレーザーを当て、肝斑の原因であるメラニン色素を少しずつ壊していく治療法。施術回数を重ねるたびに色素が少なくなり、透明感のある美しい肌へと導きます。

レーザートーニングの特徴は、レーザーを均一に照射できる「トップハットビーム」。フラット(平ら)なレーザービームなので強弱の差がなく、ムラなくエネルギーを届けることができます。また、低出力で照射するため痛みが少なく、肌に炎症が起こりにくいのも特徴の1つです。治療回数は、一般的に5回前後。3回目の照射くらいから、ハッキリとした効果を実感できるようです。

レーザートーニングのメリット

レーザートーニングは肝斑だけでなく、シミ・そばかす・くすみ・毛穴の開きなどの改善にも効果的。回数を重ねるごとに肌の透明感が増し、明るくハリのある肌へと導いてくれます。肝斑の治療目的だけでなく、美肌効果を期待してレーザートーニングを受ける美容上級者もいるくらいなのです。

施術は10~15分程度で完了し、ダウンタイムもなし。術後はすぐにメイクもでき、絆創膏やガーゼを貼る必要もないので、周囲に気づかれることなく治療を進めることが可能です。

 
ページの先頭へ
手ごわい肝斑にはこの治療!東京のクリニックガイド