最先端の肝斑治療で美しい肌を取り戻しましょう

HOME » これって本当?肝斑治療のギモンに答えます » 飲み薬で治る?

飲み薬で治る?

肝斑の治療に用いられる飲み薬の成分(トラネキサム酸・ビタミンCなど)や、その効果についてまとめました。レーザー治療と併用することで、より治療効果が高まる理由についても解説。ぜひチェックして。

肝斑治療で処方される内服・外用薬の成分と効果

肝斑治療は、内服薬と外用薬の使用が一般的。有効成分により身体の中からメラニン色素の排出・抑制を働きかけることで、より高い肝斑の改善効果が期待できます。クリニックで処方される薬剤に配合されている、主な成分と効果は以下の通り。

  • トラネキサム酸
  • 肝斑を改善する作用が認められている成分。トランシーノなど、市販の肝斑治療薬にも配合されている成分です。メラニン色素を作り出すメラノサイト活性化因子の働きを抑制し、色素沈着を防ぐ効果があります。内服薬・外用薬の両方で使用されますが、クリニックで処方されるものは市販品よりも含有量が多いため、高い効果が期待できます。
  • ハイドロキノン
  • 塗り薬などの外用薬として使われる成分。高い漂白作用で肝斑を薄くし、メラニン色素の発生を抑制する働きがあります。軽い色素沈着であれば、短時間での改善が期待できるようです。肝斑だけでなくシミ・そばかす・炎症性色素沈着への効果もあるため、総合的な美白効果があります。
  • トレチノイン(レチノイン酸)
  • ビタミンAの一種で、代謝の促進効果あり。肌のターンオーバーを正常化し、皮膚の深層にあるメラニン色素を排出します。外用薬として処方される場合は、ハイドロキノンと併用することで高い治療効果を発揮。
  • ビタミンC
  • メラニン生成抑制作用・活性酸素除去・コラーゲン生成促進作用などを持つビタミン。美肌やアンチエイジングに欠かせない成分です。サプリメントとして服用するのはもちろん、高濃度ビタミンC点滴やイオン導入などの処置にも使われます。外用薬・内服薬の両方で活躍。

治療効果を高めたいなら、レーザー治療との併用が◎

肝斑の治療は、内服薬・外用薬と使用と合わせて、レーザー治療を組み合わせていくと効果的です。レーザー治療・薬剤療法ともに効果的な治療法ではありますが、どちらも単独で完治を目指すには限界があります。両者のメリットとデメリットを補い、治療効果を高めるには併用がベスト。身体の内外からの総合的なアプローチで、肝斑を根本から改善していくことができます。

肝斑の状態や原因には個人差があり、シミとは区別して治療する必要があるため、自己判断でのセルフケアは避けたいところ。専門家の診断とアドバイスを受け、自分に合った治療法で改善を目指すようにしてください。

 
ページの先頭へ
手ごわい肝斑にはこの治療!東京のクリニックガイド